鬼滅 183 ネタバレ アイキャッチ

鬼滅 183 ネタバレ アイキャッチ

芸能

鬼滅の刃 183話 ネタバレ・考察 | 無惨を地上に出すことはできるのか!?

ついに無惨にきつい一撃を与えました...!やったね...!

 

扉絵はカナヲ伊之助善逸3人が一緒にいるところでした。

こんなところで善逸の無事が確認される…!

あと、村田も善逸たちと一緒にいます。

今回の注目ポイントはこちら。

  • 無惨の頭に炭治郎の刀が突き刺さる
  • 愈史郎 対 無惨の戦い
  • 結局部下を殺す無惨様

それでは参りましょう!

ネタバレ

愈史郎の能力が有能すぎる

「べんべんべん」

琴の音が鳴り、廊下が動いている。

前回愈史郎に無効化された上弦の四。今度は愈史郎に操られている

無惨と対峙する恋柱・甘露寺蜜璃。無惨が恐ろしすぎて心の声が漏れる。

蜜璃「こわぁぁーっ!今まで見たどの鬼より怖いわ!」

無惨が目の前にいるが、動き出せない蜜璃。確かに無惨は鬼の形相だ。

蜜璃「ごめんね、愈史郎くん 柱みんな死んだふり作戦もおじゃんだわ!」

どうやら蜜璃たちはもっと後から無惨との戦いに合流する手はずだったようだ。

場面は甘露寺が愈史郎に腕を掴まれた後の場面へ。

愈史郎の作戦

時間が少し戻り、上弦の四を攻略する前の場面へ移る。

愈史郎「いいか よく聞け 俺は鬼だが味方だ」

甘露寺と作戦を話す愈史郎。琵琶鬼(上弦の四)の視覚を乗っ取った後、無惨の支配を外して頭を乗っ取るそうだ。

愈史郎が有能すぎる...!視覚を奪うだけではなく、上弦の四の血鬼術まで完全にコントロールできるらしい。

愈史郎「それから無惨には柱や他の鬼狩りが死んだと思わせた後 総戦力で一気に叩く」

死んだふり作戦。

上弦の四をコントロールし、無惨を油断させた後、総戦力で一気に叩く作戦だった。

無惨の支配は簡単に解けない

しかし、無惨の支配は解けない。

無惨は意識を上弦の四に集中させ、愈史郎の血鬼術に対抗している。

上弦の四を通して愈史郎と無惨は戦っているのだ。

無惨城は二人の攻防に呼応するように、激しく動き続ける。

しかし、完全に上弦の四に意識を向けた無惨は、愈史郎の支配を押し戻し始めた。

愈史郎「ほとんど外れていた支配を強い力で絡めとり 俺の細胞を吸収し始めた!」

愈史郎の手は真っ赤に染まり、今にも上弦の四の中に吸収されてしまいそうだ。

愈史郎・無惨が戦っている中…

 

水柱・富岡義勇と蛇柱・伊黒小芭内が無惨に攻撃を仕掛ける!

 

無惨によって殺される上弦の四

義勇と伊黒の刃は届かないが、無惨の気を逸らすことに成功。

無惨は愈史郎に集中することができなくなる。愈史郎の術が無惨の支配を上回り始める

 

しかし...

 

愈史郎が完全に上弦の四を支配できそうになったそのとき、無惨の呪いによって上弦の四が殺される

愈史郎は上弦の四の細胞が完全に死滅する前に、どうにか無惨を城の外に出そうと、上弦の四の血気術を操る。

上弦の四が死んだということは、無惨城が崩壊するということ。崩壊に巻き込まれたら、無惨は生き残れるが、隊士たちはひとたまりもないだろう。

無惨は体から鞭のような腕を伸ばし、炭治郎や蜜璃を攻撃する

蜜璃に無惨の攻撃が当たろうとするその時…!

炭治郎が投げた刀が無惨の頭を貫く

ついにまともな一撃が無惨に届いた。

無惨「忌々しい餓鬼め…!」

愈史郎は柱と炭治郎たちが居る建物を上昇させ、崩壊する建物から退避させることに成功

次回、ついに戦闘は地上へ!

無惨を太陽の光で倒すフィールドは整った!

まとめ

  • ついに上弦が全滅した
  • 無惨との戦いは地上へ
  • 善逸や伊之助は逃げられたのか

今回で無惨を地上に出せました!

つまり、時間さえ稼げて無惨に太陽の光を浴びせれば勝ちということ。

この後伊之助や善逸がどう関わってくるか楽しみです。全員が戦闘に参加して本当に総力戦になりそうですね!

それでは今回はこの辺りで。

Copyright© 動画ねこと狐センセ。 , 2019 All Rights Reserved.