鬼滅の刃 182 ネタバレ アイキャッチ

芸能

鬼滅の刃182話ネタバレ|1話で余裕を失う鬼舞辻無惨は必見

今月の鬼滅の刃は表紙&巻頭カラー。

前回ついに鬼舞辻無惨と対面した炭治郎と義勇。また、甘露寺と伊黒の所でも何かが起きたようですが、何があったのか。

今回の話で甘露寺たちの安否も明らかになります!

注目のポイントは

1話で余裕を完全に無くす鬼舞辻無惨

さすが、最も小物なラスボスと言われる無惨です。

それでは、参りましょう。以下ネタバレ。

鬼舞辻無惨と炭治郎と義勇は対面する

前回、私は大災だと宣った鬼舞辻無惨。

炭治郎『生き物に対してこれ程冷たい気持ちになったのは初めてだ

炭治郎の腹の奥で怒りが湧き上がる。

家族の仇である鬼舞辻には一切の躊躇なくかかって行くだろう。

炭治郎『無惨は首を切っても倒せない』

炭治郎は無惨の首を切って倒すことではなく、太陽の下に引きずり出して倒す方法を考える。夜明けまで戦い続け、無惨を外へ引きずり出さなければいけない。

もはや1人で倒せるとは思っていない炭治郎。自分が倒れる前に少しでも無惨攻略の有益な情報を引き出そうと決意する。

鬼舞辻無惨の攻撃

無惨は腕を鋭利なムチのようにしならせ、義勇、炭治郎へ同時に攻撃を仕掛ける。

無惨と炭治郎たちは10m以上離れているだろうが、御構い無しにその攻撃は炭治郎たちを襲う。

炭治郎と義勇は攻撃をしのぐのに精一杯だ。

それでも炭治郎は攻撃の手を縫い、無惨に近づく。

届かない炭治郎の攻撃

無惨の攻撃の中をくぐり抜け、なんとか無惨を刀の間合いに入れる炭治郎。無惨の腕は伸びており、炭治郎の攻撃を防ぐのに間に合わない様子である。

「よし、避けた!いける!」

剣を振りかぶる炭治郎。

しかし、次の瞬間、炭治郎は右眼から血を流して倒れてしまう。炭治郎の見込みが甘かったのだ。無惨には間合いを詰めるわけにはいかない。

その時、無惨から衝撃の事実が伝えられる。

無惨「時間稼ぎか柱三人でそれは可能なのか?」

無惨は甘露寺蜜璃と伊黒小芭内はすでに上弦の四が殺したと言う。

甘露寺蜜璃と伊黒小芭内は死んだ?

視点は琵琶を弾く鬼、上弦の四と甘露寺蜜璃と伊黒小芭内に移る。

無惨は上弦の四と視覚を共有しており、上弦の四が見てる景色を見ることができる。しかしそこには既に、廊下に挟まれて血を流し、横たわっている甘露寺たちが写し出される。

炭治郎たちに助けが訪れる

視点は再び炭治郎・義勇と鬼舞辻無惨へ。

片目を潰された炭治郎は得意の鼻で無惨の攻撃をどうにか避けているが、それも限界が近い。廊下の壁に気づかずぶつかる炭治郎。

無惨の攻撃が炭治郎を貫こうとするその時

甘露寺蜜璃が壁をぶち破り、無惨の背後から襲いかかる!

甘露寺「恋の呼吸陸ノ型猫足恋風!」

手応えありと感じる甘露寺だが、無惨は無傷だ。

そして、炭治郎の前にも伊黒小芭内が守るように立っている。

なぜ生きているのか

無惨は慌てる。なぜ甘露寺・伊黒が生きているのか。自分は上弦の四の視点で確かに死んでいる2人が見えている。

無惨「何をしている!鳴女!」

無惨は既に余裕を無くしている。

狼狽して上弦の四の名前を呼ぶ無惨。上弦の四の姿に移ると、上弦の四の背後には珠世のお供、愈史郎の姿が。

愈史郎「何をしているかって?操ってるんだよこの女の視覚を」

そう、無惨が上弦の四の視覚から見ていた景色は、愈史郎が血鬼術で見せている景色だったのだ。

珠世を奪われた愈史郎は怒りで眼を赤く染める。

愈史郎「今からお前を地上へ叩き出してやる‼︎

まとめ

  • 無惨は強いが凌げないほどでは無い。
  • 無惨を殺すには日の光の元に出すしか無い。
  • 甘露寺と伊黒が生きていて良かった

めちゃくちゃ熱い展開ですね仲間は何人も死んでしまったけど、まさに総力戦。甘露寺と伊黒が死んでいるのを見て、まさかと思いましたが、愈史郎のファインプレーでした。

この後、伊之助や善逸も戦いに参加するのでしょうか?さすがに善逸はもう復帰しないかな?

クライマックスに向かって、どんどん勢いが増しています。終わらないでほしいけど、めちゃくちゃ続きが楽しみ!

Copyright© 動画ねこと狐センセ。 , 2019 All Rights Reserved.