マッチングアプリ

デート帰り際での素敵な話|26歳女性、アパレル業、千葉県

楽しい時間はあっという間にすぎ、2時間もおしゃべりしたところで、お会計をすることに。私が充実した時間を噛みしめながらお会計の準備をしていると、Aさんがさっとお財布を出し、
「今日はいいから次のデートの約束してください。」
と、思いがけないセリフにドキッ! 「ありがとうございます。ご馳走さまです。」と伝えると、Aさんは手慣れた様子でクレジットカードを出し、お店のスタッフに「ご馳走さまです。」と伝え、お会計を済ませていました。
「ご馳走さまです」の一言をスタッフさんに伝えることは、一見すると普通のことかもしれません。ですが私の経験上では言わない男性が意外と多く、さり気なく「ご馳走さまです」と言える男性はポイントが高いです。
お店を出た後は「駅まで送ります。」というAさんの言葉に甘え、2人でテクテクと駅へと歩くことに。そして駅に到着し、Aさんにお礼を言おうとすると、
「今日はありがとうございました!これは遅れたお詫びです。」
とAさんが紙袋を渡してきたのです。最後まで気を遣ってくれるAさんの行動に感動しながらも、「こちらこそありがとう」とお礼を伝えてお別れしました。
帰りの電車の中でAさんにもらった紙袋をワクワクしながら開けてみると、さっきのカフェで買ったと思われるケーキが入っていました。しかも私が大好きなショートケーキが入ってて嬉しかったです。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Copyright© マッチングアプリの狐 , 2021 All Rights Reserved.